インレイや、クラウンなどを保険診療で行う場合答え74

MENU

インレイや、クラウンなどを保険診療で行う場合について

【問題74】次の文書の( )に入る言葉を選べ。

 

・インレイや、クラウンなどを保険診療で行う場合、破損などがあった場合でも原則( )は再度、保険請求を行うことができない。
そのため、保険請求の際には、慎重な診断が必要となる。

 

@ 6ヶ月
A 1年
B 1年6ヶ月
C 2年
D 3年
E 5年

 

《回答》C



関連ページ

答え71
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え72
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え73
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え75
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え76
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え77
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え78
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え79
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え80
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。