歯科助手の資格試験に合格したい!問題チャレンジ

MENU

歯科助手の資格、職業内容とやりがい

歯科助手に特に資格は必要ないです。

業務としては、受付やカルテの作成、医療器具の整理、歯科医師に必要な治療器具を渡す、治療器具の発注業務、治療器具の洗浄、患者さんの診察室への誘導、治療で用いるタオルやエプロン、マスク、雑巾などの洗濯というアシスタントとしての業務を行います。

 

特に、歯医者の場合、患者は子供も多く、場合によっては、子守りなどをしなければならないこともあります。

 

歯科助手資格を取得しよう 問題にチャレンジそして、気を付けなければならないのが、歯科助手は治療行為をしてはならないということです。

 

治療行為は医療に係る行為であり、医師免許がないとできません。

 

つまり、歯医者の患者さんの口の中には触れられないということです。

 

また、治療以外でも、レントゲンの撮影や歯磨きの指導などもできません。これらの行為は、国家資格である歯科衛生士がやることになっています。

 

したがって、医療行為になる治療以外で、歯医者で必要な業務には、何でも関わっていくことになりますが、大事な業務は、歯科医師に必要な治療器具を用意することです。

 

一見、簡単に思えるかもしれませんが、患者さんごとに治療内容は、異なるため、事前に必要な治療器具を適確に用意しなければなりません。

 

よって、治療器具に対する知識も必要になり、歯科医師との連携も大事になります。
また、歯科医師に治療器具を渡す業務です。

 

治療器具は、ピンセットやはさみなどですが、歯科医師に持ちやすいように渡さなければならないため、歯科医師の癖や次の行動に対する読み、そして、歯科医師との息も大事です。

 





歯科助手は、歯科医院(歯医者さん)でいろいろなお仕事をします。

 

ポイント

歯科医院ごとに歯科助手の行う業務は異なりますが、受付や会計、患者さんの案内や治療の準備、器具の洗浄、院内の掃除、カルテ作成などです。

 

このように歯科助手は歯科医院でいろいろなお仕事をしますので、一定の需要があります。

 

最近では歯の健康が体全体に影響をおよぼすことがわかってきました。

 

たとえば歯周病菌は妊婦さんの早産、糖尿病、心臓疾患、ガン、肝炎などの原因になると指摘されています。

 

また、高齢化によって高齢者の方が増えていますが、高齢者ができるかぎり自分の歯でものを噛めることが、認知症などを予防することにつながります。

 

このように歯医者さんは単に虫歯を治すだけでなく、いろいろな病気を予防するために重要な役割が期待されています。

 

そのため、歯科助手もますます需要が高まることでしょう。

 

 

歯科助手になる資格を取得するために必要なスキルは?

 

きちんと仕事をするためには、インフルエンザ等からの予防も大切です。

 

歯科助手問題にチャレンジ!

 

福井での歯科助手就職先はないかな・・福井の歯医者さん(腕前ピカイチ)でいろいろ勉強しときましょう。

 

サイト管理者編集後記

本サイトを御覧頂いてありがとうございます。ぜひ、歯科に関わるお仕事をする方、目指す方のお役にててればと思います。

更新履歴
  • (2014/08/27)答え81を更新しました
  • (2014/08/27)答え82を更新しました
  • (2014/08/27)答え83を更新しました
  • (2014/08/27)答え84を更新しました
  • (2014/08/27)答え85を更新しました