浸潤麻酔の算定ができる場合答え61

MENU

浸潤麻酔の算定ができる場合について

【問題61】レセプト上、浸潤麻酔の算定ができる場合はどれか。ひとつ選べ。

 

@ 深い歯周ポケットに対してSRPを行った場合。
A 抜髄処置の際。
B 生活歯に対する、歯冠修復物や補てつ物の装着時。
C 歯肉剥離掻爬術などの歯周外科処置。

 

《回答》B



関連ページ

答え62
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え63
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え64
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え65
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え66
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え67
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え68
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え69
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え70
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。