レセプト上歯科診療特別対応加算答え56

MENU

レセプト上歯科診療特別対応加算について

【問題56】次のうち、レセプト上歯科診療特別対応加算を算定できない場合はどれか。ひとつ選べ。

 

@ 骨折により、ギブスを装着した状態。
A 脳性麻痺等により、身体の付随運動や緊張が強く身体の維持が得られない状態。
B 喘息患者で頻繁に治療の中断が必要な状態。
C 知的障害により開口保持ができない状態。

 

《回答》@



関連ページ

答え51
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え52
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え53
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え54
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え55
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え57
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え58
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え59
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。
答え60
歯科助手試験、まずは1年に何度受験チャンスがあるのか、そして気になるのはその難易度です。